夏コミ~

14日(日) 西地区 な-13a 「ドクーガ渋谷支部」 で参加します。

一体何が起きたのか、どうも周りのサークルに対してひどく浮いた配置になっているようです。

それはそれとして、久しぶりにフルカラーらくがき集出します。相変わらず薄いんですが。

Hyousi2

今更ですが、サークル名は昨年亡くなった脚本家の首藤剛志氏の作品に因んだものです。

いい加減どうにかしようと思いつつも、変える機会を完全に逸して現在に至っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後のプレアデス

気が付けばもう12月に…。

今は「放課後のプレアデス」という作品を作っています。

http://sbr-gx.jp/

http://twitter.com/#!/sbr_gx

話せないことが多すぎてなかなか言及できなかったんですが、

ちらほら情報が出始めたようですね。

アニメ誌よりも経済誌の方が食いつきが良いのはどういうこと? (笑

http://diamond.jp/articles/-/10260

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ストライクウィッチーズ2 第11話そろそろ放送

第11話「私であるために」 絵コンテを担当しました。

この期に及んでかなりハイカロリーな内容ですが、

制作現場はギリギリまで粘って作っていたようです。

自分もまだ見ていないので、ドキドキしながらオンエアを待つことにします。

本編の後に次回予告があるのも今回が最後!

ということで皆様もいろいろ噛みしめながら見てください。

…ついでに今更かもしれませんが6話のことなど。

「サーニャがやってくると振りの速くなるエイラの尻尾」もそうなのですが、

中盤「いっけー!」とやってるルッキーニのアクションも3DCGのアドリブです。

「何かアクションさせてください」とは発注しましたが。

あと、何気にそんなルッキーニの隣で「胸に手を当て祈るリーネ」も何気にポイント高いです。

こっちは完全にアドリブです。

このカット、予告編では三人とも普段の服装で写ってますが、

間に合わなかったのではなくわざとです。せっかくだったので。

あと、ハルトマンはサーニャのことを「さーにゃん」と呼んでます。

「サーニャ」でも「サーニャン」でもなく、「さーにゃん」です。少なくともこの話では(笑

他にも、6話についてはなかなか興味深い感想なども聞こえていて、

いろいろ思うところもあるのですが、それはまた後日にでも…。

おまけ

4話、前半でバルクホルンが肩からかけていた弾薬は50mmではなく30mmです。

50mmはあんなに小さくありませんので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダムバスターーー!

ストライクウィッチーズ2 第6話に出てきた爆撃機です。

ブリタニアから爆装した状態でロマーニャの基地に飛来→そこで給油と国籍マークの上書き→休むまもなく早朝の作戦に参加…という感じ。

あくまでコンテを切ったときの裏設定的なものなので、BD/DVDのブックレットに載ったらそこで初めて公式ということで。

画面には一機しか映っていませんでしたが、実際には数機参加しているんじゃないかな?

0072_2

以下ついでに第4話のことなど。

バルクホルンの武装はお話の都合上「30mm」とか「50mm」とかズバリ言ってしまったものの、いざ持たせてみたらやはりすごいことに。

重戦闘機に搭載するものを人に持たせると、ある種ゲシュタルト崩壊的な感覚を覚えることを知りました。

「武器なのか、コレ?」っていう…。

30mm機関砲は元々コンパクトにまとめられてはいるものの、4門持たせるともはや銃のシルエットではないし(というか砲だけど。人が持つ“記号”にならないという意味で)、砲弾も500mlペットボトルに匹敵しようかというサイズです。

50mm砲に至ってはもはや開き直り。

もしかすると若干縮んでいるかもしれないけど、砲身長には言及していないので開き直ります。

あくまで砲弾の直径が50mmなのです。

まあ、バルクホルンの怪力属性と、これがジェットストライカーの威力なのだ、というものを見せるにはそれが好都合だった訳だけれども。

それでも50mm砲を構えて飛ぶのバルクホルンの姿は思った以上にサマになっていたのでその点は満足。

デンドロビウムとかいう声も聞いたけど、ワンダースカッツとかあの辺の元ネタ(発想のネタ)は、今回バルクホルンのモデルになった機体と見て間違いないでしょう。

あの頃のドイツ軍は今日も日本のアニメに質・量共に多大なネタを提供し続けているのですよ。

あと、あまり気づかれなかったようなのが、シャーリーたちがドラム缶風呂に入っていたとき傍らに置いてあったジェリ缶の白帯。

中身が「水」であることを表します。

そうしないとガソリンと間違えて大変なことになるよ。

それにしても懸垂しているだけであんなに光るとは思わなかったな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エイラの歌フルコーラスver(笑)

6話冒頭でエイラの歌っていた歌のフルコーラス版を作ってみたら、

エイラ役の大橋歩夕さんがストライクウィッチーズのラジオで歌ってくれました!

6話製作の最終盤に、仕事場で泊り込みの合間に書いたものです。

自分の場合は、そうやってひたすら作品にのめりこんだ方がテンション上がって現場の作業もしやすくなるのです。

なんというかプラシーボ効果的に。

6話では利用できるものはおよそ思いつくありとあらゆるものを使わせてもらいました。

いつもそうなんですが今回特にムチャしたような気が…。

ご協力してくださった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

おかげで整備中隊二等兵になれました(そっちかよ! …そういうラジオなので(^^;)

※お暇ある人はこちらから↓

響 ラジオステーション

http://hibiki-radio.jp/#top

「ストライクウィッチーズ・スターライトストリーム」(金曜日更新)

27日(金)午前中頃まで、一週間無料で聞けます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

そろそろ放送・ストライクウィッチーズ2第4話

早い地域では今晩あたりからストライクウィッチーズ2第4話「はやい、かたい、ものすご~い」が放送されます。

この回ではシナリオと絵コンテを担当しました。

今シリーズではこの回から参加となりますが、シナリオ打ち合わせには準備段階から参加しています。

その間も、秘め歌CDや秘め話CDなとでウォーミングアップしつつ新たな方向性を探りつつ…とブランクは全くありませんでした。

今回も思いつく限りの小ネタを投入しています。どうぞ隅々まで目を凝らしてご覧になってみてください。

でもこのサブタイトルだけは自分は噛んでません(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンション乱高下

ある目標を持ってモノを作り、あまつさえ良い結果を出そうと思うとき、自分のモチベーションやテンションをいかに高く保ち続けられるかというのは、とても重要な要素となります。

…何か訳語みたいな書き始めになった(^^;

多くの人と同じものを作り上げていくという作業は常に刺激だらけで、楽しくもありしんどくもありと両極端な環境下で行われます。

やる気のある人からはやる気をもらい、やる気のない人からはやる気を吸い取られ、そんな毎日なのですが、今回はその振り幅がかつてなく大きくて笑えるくらいです。

ストライクウィッチーズ2では3DCG班の士気が特に高くてとても助かっています。

オンエア前なので見所をここで書くことはできませんが、既に現場では大ウケなカットがいくつも上がっていたり…。

時間ないところでおんぶにだっことお願いばかりしていて言うのも何ですが、あの人たち絶対給料以上の仕事してるよな…。

かなり芸コマなこともしているので、できるだけ高画質の環境で見て欲しいです。

そういう仕事っぷりを前にして、作画もこのテンションに引き離されないように頑張ろう…とまあ、こんな感じでやる気をもらっています。

偉そうな言い方になりますが、絵が下手な原画マンの上がりでも、その人なりの頑張りが伝わってくるものは、自分にとってはむしろ良い上りです。もちろん手直しはしますけど。

で、悪口になるのでいちいち書きませんが逆もまた然り…です。

コミケで同人誌を出したいから今は1カットしかできませんとか…あ、書いちゃった。

まあ、こういうのは自分に人望がないからで、やってもらえるだけマシと思うしかないですね。

と、そんな中で最近出た結論は、腕の良し悪し以上にモチベーションの在り無しが作品の出来を決定付ける、ということです。

アニメ作りは忍耐を必要とする作業ですから、能力を持った人でも何かの拍子に凡人並か下手するとそれ以下の仕事しか出来なくなることはよくあります。

もちろん、自分にも言えることなんですが。

そんな感じで乱高下中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コミケ受かった

日曜日 西す-36b ドクーガ渋谷支部

終戦記念日ですね。

それはさておき、現状身動きが取れません。7月いっぱいまで。

テンションがさっぱり上がらない…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お仕事

ストライクウィッチーズ2の三本目の絵コンテに取り掛かる。

いよいよクライマックスだけど、シナリオが良く出来ているのであまり苦労はしなさそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ大処分

最近たまりにたまったプラモをオークションで大処分中。

といっても大抵手をつけているので格安出品。

プレミアなんてありません。

でもこれが意外とめんどくさい。

仕事に差し障る。

それでも氷山の一角に過ぎないんだけれども、

さすがに一生かかっても作りきらないのが実感として見えてくると、今のうちにどうにかしないとという気になってきます。

あと、欲しそうな人にはあげたりしてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«Xperia導入!